Bod•ēTEN臨床概要

TEN調合には、ミトコンドリア機能をサポートすることで知られるいくつかの独自成分が含まれています。*ミトコンドリアは、細胞内の細胞小器官で、体の細胞エネルギーの90%を生み出します。Bod•ē Pro は、細胞レベルおよび全体的な健康状態において、人体のミトコンドリアに対し特許申請中のTEN調合の有効性についてパイロット臨床試験を実施することを選択しました。

今日までに、特にストレスを受けた人体培養条件下において、細胞レベルでのTENの効果を決定するために6つの予備試験が行われました。

  1. ミトコンドリアの生産および抗酸化能力のインビトロ試験。 TEN調合は、製品を摂取した後の細胞において2時間後にミトコンドリア質量を著しく増加させ、そして強い抗酸化能力を示した。* (全論文を読む)
  2. ミトコンドリア生産および健康的なミトコンドリア機能増加に関する人体臨床的研究 小規模の独立したランダムな二重盲検のプラシーボを対照とした臨床試験では、12人の被験者を無作為に2つのグループに分け、30日間TENまたはプラシーボを投与した。 30日の定期的な検査期間後、研究はTENを摂取した人が以下のことを示しました:(i)基準値を超えるミトコンドリアの20%の急速な増加と4週間後には32%増加した。(ii)消費後2時間以内にミトコンドリアの機能的能力とエネルギーが14%著しく増加した。* (全論文を読む)
  3. 酸化的ストレスおよび炎症の要約からのミトコンドリア機能の保護に関するインビトロ研究。 TEN調合は、通常の酸化ストレスおよび炎症を起こした培養条件下でのミトコンドリア代謝活性をサポートした。* (全論文を読む)
  4. ミトコンドリア遺伝子のインビトロテストとフリーラジカルストレスの抑制 TEN調合は、酸化ストレス培養条件下で細胞を酸化から保護し、通常の酸化ストレス下および炎症培養条件下でミトコンドリア膜電位を支持し、抗炎症効果を示しました。* (全論文を読む)
  5. コルチゾール値に対する10の影響に関する人体研究 12週間の人体研究では、10人の患者に12週間に渡り2回分量のTENが与えられた。採血は0週目と12週目に行われた。結果は、TENがすでに正常範囲内の健康なコルチゾールレベルを支持するかもしれないことを示しました。* (全論文を読む)
  6. DHEAレベルにおける10の影響に関する人体研究 12週間に渡り2回分量のTENを与えられた10人の患者もまたDHEAレベルについてテストされた。 採血は0週目と12週目に行われた。結果は、TENがすでに正常範囲内の健康なコルチゾールレベルを支持するかもしれないことを示しました。* (全論文を読む)

これら6つの研究は小規模であり、それらから決定的な発見は推測できないが、結果は極めて期待できるものである。 Bod•ēProは、これらの初期調査から集められたデータを使用して、より大規模な人体臨床試験を実施し、これらの予備調査結果をさらに裏付けることを計画している。コルチゾールとDHEAのレベルについてテストされた被験者は、TENを2回分量与えられたことを留意下さい。