科学 による支援

過去30年において、科学は、あらゆる細胞内の小さな発電所であるミトコンドリアの重要性を発見しました。

最近の最先端の科学研究により、新しいミトコンドリアを作成し、細胞内での効率を改善する方法が明らかになりました。多くの科学者は、これがアンチエイジング栄養の未来であると考えています。

TENフォーミュラには、ミトコンドリア機能をサポートすることで知られている多くの独自の成分が含まれています。

Bode TEN

臨床的に研究されたTEN

 
1.ミトコンドリアおよび抗酸化能の生産の試験管内研究。

TENフォーミュラは、製品取り扱い後、細胞内で2時間後にミトコンドリアの質量を大幅に増加させ、強力な抗酸化能を示しました。*

(研究の全てを読む)
2.ミトコンドリアの産生および健康なミトコンドリア機能の増加に関するヒト臨床研究。

小規模の独立した無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験では、12人の被験者を無作為に2つのグループに分け、TENまたはプラセボを30日間投与しました。 30日間の評価期間の後、この研究はTENを摂取した人々が次のことを示しました。(i)ベースラインを超えてミトコンドリアが急速に20%増加し、4週間後に32%増加した。 (ii)摂取から2時間以内にミトコンドリアの機能能力/エネルギーが14%大幅に増加。*

(研究の全てを読む)
3.酸化ストレスと炎症の要約からのミトコンドリア機能の保護に関する試験管内研究。

TENフォーミュラは、通常の酸化ストレスと炎症を起こした培養条件下でのミトコンドリア代謝活性をサポートしました。*

(研究の全てを読む)
4.ミトコンドリアマーカーの試験管内研究およびフリーラジカルストレスの抑制。

TENフォーミュラは、酸化ストレス培養条件下で細胞を酸化から保護し、通常の酸化ストレスおよび炎症培養条件下でミトコンドリア膜電位をサポートし、抗炎症効果を示しました。*

(研究の全てを読む)
5.コルチゾールレベルに対するTENの効果に関するヒト研究。

12週間のヒトの研究では、TENの被験者は12週間2倍のTENを摂取しました。採血は0週目と12週目に行われました。結果は、TENがすでに正常範囲内の健康なコルチゾールレベルをサポートしている可能性があることを示しています。

(研究の全てを読む)
6. TENのDHEAレベルへの影響に関するヒトの研究。

12週間に渡って2倍の用量のTENを投与された10人の被験者のDHEAレベルもテストされました。採血は、0週目と12週目に行われました。結果は、TENがすでに正常範囲内の健康なDHEAレベルをサポートする可能性があることを示しています。

(研究の全てを読む)

これらの6つの研究は小規模であり、それらから結論を導き出すことはできませんが、その知見は非常に重要です。 BodēProは、これらの初期調査から収集したデータを使用して、これらの予備調査結果をさらに確認するために、より大規模なヒト臨床試験を実施することを計画しています。コルチゾールとDHEAのレベルをテストした被験者には、2倍の用量のTENを投与したことにご留意願います。

Bod·ē Ten Product
6 Checkmarks

TENは、6つの個別の研究で臨床的に研究および検証されています

6つの BodēPRO TEN
臨床研究が

2020年 PDR
より発行された Physicians' Desk Referenceで公開されました

*これらの記述は食品医薬品局によって評価されたものではありません。本製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。